勉強中に音楽を聴くのは良いの?現役高校生が考察してみた!

勉強効率化

どうも「クマ」です。

 

 

今回は、「勉強中に音楽を聴くのは良いの?」という事について、

 

 

僕自身が経験した事と調べてみた事から、僕なりの考察をしていきます。

 

 

ぜひ最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

 

勉強中には音楽を聴かない

 

 

僕は基本的には音楽は聴かないで勉強しています。

 

 

理由は単純で、音楽を聴かない方がテストで良い点が取れたからです。

 

 

音楽を聴きながら勉強するのを辞めようと思ったきっかけが下記の3点になります。

 

 

・テストで32点を取った(笑)

・暗記するのに時間がかかる

・次の日覚えてない

 

 

詳しい内容を書いていきます。

 

 

テストで32点を取った(笑)

 

 

高校生になり最初の中間テストで32点という驚異的な数字を英語で叩き出したわけなのですが、

 

 

原因としては、中学生の時の勉強スタイルのままテスト勉強をしてしまっていた事です。

 

 

僕の中学生の時の勉強スタイルというのは、

 

 

・常に音楽を聴きながら

・暗記は適当

・復習しない

 

 

これでは点数取りやすい教科も高校では絶望です。

 

 

テストが全て返ってきたのですが、「このままでは留年まっしぐらだ!勉強するしかねえ」と結果を見て焦りました。

 

 

具体的に勉強法の何を改善したかというと、

 

 

・勉強中に音楽を聴かない!

・暗記は完璧に!

・復習は絶対する!

 

 

ただ中学生の時の勉強スタイルの真逆のことを行なっただけです。

 

 

まず音楽を聴くことを辞めた事で問題に対する集中力が上がり、同じ時間でも吸収できる情報量が増えました。

 

 

そのため、暗記も簡単になりました。

 

 

そうなると必然的に復習する時間が増えるわけです。

 

 

そして、中間テスト32点だった英語が期末テストで80点まで伸びました。

 

 

こうしてなんとか収束して英語の単位が無事取得できました!

 

 

ちなみに、中間テストで40何点か取った数学は期末テストまでの間、週1で補修に召集されてました。

 

 

数学の期末テストの結果は、86点でめっちゃびっくりしました。

 

 

普段から勉強することって大事だなと身をもって知りました。

 

 

暗記するのに時間がかかる

 

 

僕は今まで、「暗記するの時間かかるからだる」って思ってました。

 

 

ですが、勉強法を変えたことで「暗記簡単に出来るやんけ」ってなりました。

 

 

僕の学校では、英語の時間に毎回小テストをします。

 

 

僕は前日に暗記するのですが、

 

 

音楽を聞いて勉強していた時は30分勉強しても小テストは3/10点が普通でした。

 

 

ついついスマホを構ってしまうのも原因でした。もはや暗記はしてない。

 

 

ですが、音楽を聴かなくなってからは15分集中して勉強するだけで

 

 

英語の小テストは10/10点が当たり前になりました。

 

 

テストが楽しくなります!

 

 

さらにスマホを目につかない場所に置くことでスマホの誘惑にも打ち勝ち、

 

 

短時間で内容の濃い勉強をすることが出来るようになりました。

 

 

そして15分勉強時間が減ったことでYouTubeを見る時間が15分増えたので、

 

 

僕にとっては得しかありませんでした。

 

 

次の日覚えてない

 

 

これがかなり問題でした。学校で朝復習するのですが、

 

 

「昨日暗記したとこが思い出せない」ということに毎回なってました。

 

 

小テストで何も出来ずに終わってました。

 

 

勉強法を変えてからは、学校で朝復習する時、余裕で全部思い出せるようになりました。

 

 

音楽を聴きながら勉強をすることを辞めるだけで、

 

 

時間が経っても記憶に残りやすくなりました。

 

 

音楽を聴くと意識が分散される

 

 

ここからは、僕なりに調べて分かった事を書いていきます。

 

 

勉強中に音楽を聴くことですが、

 

 

これは音響の変化に意識がいってしまうため、記憶力・集中力が低下してしまうらしいです。

 

 

「音楽を聴きながらなら楽に勉強出来る!」という人も多くいると思いますが、

 

 

それで勉強しても結局記憶に残りづらいので無駄な時間になってしまうのではないのでしょうか。

 

 

しかし自然音に関しては、

 

 

集中力を適度な状態にしてくれるので無音で勉強することが出来ない人は、

 

 

自然音を聴きながら勉強するのが良いと思います。

 

 

音楽は勉強する前に聴こう!

 

 

勉強する前に好きな音楽を聴く事でドーパミンが出て集中力が高まるみたいです。

 

 

しかし、集中力を高めたのにも関わらず勉強中にも音楽を聴いてしまうと意識が分散され、

 

 

集中力が低下してしまいます。

 

 

なので、音楽を聴くことは勉強前だけにして、

 

 

無音環境で勉強する事が効果的な音楽の使い方なのではないでしょうか。

 

 

また、長時間集中し続けるのはなかなか難しいので、

 

 

環境音を取り入れる事で適度な集中状態が維持され長時間の勉強もしやすくなるみたいです。

 

 

考察

 

 

ここまでの僕の経験談や調べたことから 、勉強中に音楽を聴くのは辞めた方がいいと思います。

 

 

テストでは音楽を聴きながら受けることは出来ないので、

 

 

普段の勉強から無音でしておくのが重要だと思います。

 

 

成績アップのためには日々の積み重ねが1番です!

 

 

最後に

 

 

今回僕なりの考察を書いてみたわけですが、勉強のスタイルは人それぞれだと思います。

 

 

この記事が、自分自身の勉強スタイルを確立するための参考の1つなれば嬉しいです。

 

 

ツイッターではブログ更新のお知らせをするのでぜひフォローをよろしくお願いします。

クマ@高校生ブロガー(@Kumablog777)さん | Twitter
クマ@高校生ブロガー (@Kumablog777)さんの最新ツイート 新しいチャレンジをしてみたい!ということでブログを初めてみました。現役高校生の僕が実際にしてみて良かった勉強法や自分が影響を受けた考え方を記事にしていきます。少しでも参考になれば嬉しいです。 猫背直したい→

コメント

タイトルとURLをコピーしました